簡単!ドクダミチンキの作り方|天然の虫よけスプレー

ゆるっと無添加生活

ドクダミは5月下旬から6月初旬にかけて白い花を咲かせますが、この開花のタイミングこそ、ドクダミの薬効が高いとされています。

そんな ”ドクダミの花” を使って、虫除けスプレーやかゆみどめを作ることができるってご存じですか?

とっても簡単にできるうえ、添加物などは一切入らない。
安心して使うことができる自然な虫よけスプレー作りに挑戦してみませんか?

ドクダミは「十薬」の異名をもつ生薬

どこにでも咲いているあの “ドクダミ” ですが、日本では『三大民間薬』の一つでもあります。

「ドクダミは三毒を消す(三毒とは先天の毒・後天の毒・食毒)」という言葉もあるくらい、古くから民間療法として重宝されてきました。

ドクダミは解毒薬として有名ですが、皮膚の炎症を抑える効果もあるとされています。

ドクダミチンキの作り方

<用意するもの>

・ドクダミの花
・煮沸消毒した瓶
・度数35度以上のアルコール

今回はドクダミの花と蕾を使ってドクダミチンキを作りますが、葉でも同じようにドクダミチンキを作ることができます。

お好みにでドクダミの葉を混ぜたり、葉のみで作ってみてくださいね♪

①ドクダミを洗う

ボウルなどに水を入れ、ドクダミを軽く浸けて洗います。

キッチンペーパーや新聞を敷き、乾かします。

キッチンペーパーで水気を拭き取るのもいいですが、風邪通りのいいところに30分~1時間ほど置いておくと自然に乾きます。

水気があると腐敗やカビの原因となってしまいますので、しっかり水気を切ります。

個人的には「竹ざる」を使って乾かすのがおすすめ。

②花を瓶に入れる

乾かしたドクダミの花と蕾を瓶に入れていきます。

ドクダミの葉を入れてもいいですし、葉だけでも◎

お好みに合わせてアレンジしてください。

③アルコールを入れる

ドクダミの花が浸かる量のアルコールを注ぎます。

左:作ってすぐのもの/右:1週間経過したもの

1~2日に1回程度、上下に混ざるように振るようにして、冷暗所で1ヵ月~2ヵ月ほど保存。

全体が黄色くなったらドクダミチンキの完成。

完成したドクダミチンキは、花を取り除いてスプレーボトルなどに入れれば虫除けスプレー・やかゆみ止めとして使えます。

しかし、スプレー容器などに入れて使う場合は不純物がスプレーに詰まることがあるため、個人的にはコーヒーフィルターやガーゼなどで濾してからスプレー容器などに入れて使うことをおすすめします

また、ドクダミチンキはそのまま使うこともできますが、1:1(ドクダミチンキ:精製水)に薄めて使っても大丈夫。

アルコールをつかっているため、肌に合わないということもあり得ますので、心配な方はパッチテストをしてからご使用くださいね。

葉も活用しよう

今回私はドクダミの花だけでドクダミチンキを作りましたが、ドクダミの葉は別の形で活用しています。

手軽にできるものでは、ドクダミの葉を乾燥させ、ガーゼなどに包んで湯船に入れる ”ドクダミ風呂” がおすすめ。

乾燥させたドクダミには血流量・尿の分泌を増加・組織再生作用など、広範囲な薬効があるといわれているんです。

ドクダミ特有のにおいは乾燥させることで軽減するため、 生のドクダミほどキツイにおいはなく、ハーブのような香りを感じれます。

*****

ドクダミの花を使ったチンキ、ドクダミの葉を使ったドクダミ風呂をご紹介しましたが、肌に合わない場合には使用をお控えくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました