【HUNTER レインブーツ】リファインドチルシーのサイズ選びは要注意

ファッション

私が愛用しているHUNTERのレインブーツは購入して7年になりますが、まだまだ履けるほど耐久性がよく、買ってよかったと思えるお気に入りのシューズです。

そんな私が久しぶりに手に取ったHUNTERのシューズが『 REFINED CHELSEA(リファインドチェルシー)』。

HUNTER直営店が近くになかったため、試着なしでネット購入をした私ですがリファインドチェルシーはサイズ選びが難しく、サイズ選びに失敗してしまいました。

サイズ交換してもらうことで無事解決しましたが、私の失敗談をもとに、HUNTER リファインドチェルシーのサイズ感・サイズ選びのポイントをご紹介していきます。

HUNTER リファインドチェルシー

HUNTERの『リファインドチェルシー』は代表的なサイドゴアブーツ『チェルシー』をリメイクしたブーツ。

スリムフィットのリファインドチェルシーは、普段使いのために調整された形と成形されたフッドヘッドが特色の一足。

リファインドチェルシーは優れた保護性のために加硫加工された天然ラバーから作られた防水性に優れたブーツです。

HUNTERのシューズは1cm刻み

HUNTER リファインドチェルシーはHUNTER公式サイトではレディースサイズのみの取り扱いですが、楽天やAmazonではメンズサイズの取扱いがあるショップもありました。

レディース・メンズ共に1cm刻みのサイズ展開となります。

【HUNTER公式 サイズ展開】
UK3 = 22cm
UK4 = 23cm
UK5 = 24cm
UK6 = 25cm


【メンズサイズ取扱いショップ サイズ展開】
UK7 = 26cm
UK8 = 27cm
UK9 = 29cm

リファインドチェルシーの悩めるサイズ選び

HUNTER リファインドチェルシーを履いた感想は、全体的に細身でやや窮屈なサイズ感でした。

足幅は細身で、履き口が狭いためサイズ選びを誤ると着脱がとても大変です。

私が購入したショップでは『中間サイズの場合や、厚手の靴下を着用したい場合は、大きいサイズがおすすめ』となっていましたが、実際にリファインドチェルシーを履いてみたサイズ選びのポイントは以下の通り。

①普段ハーフサイズは履かない

・足の形が細身・普通幅 →『標準サイズ』or『ワンサイズUP
・足の形が甲高・幅広 → 『ワンサイズUP
・厚手の靴下を履く予定 → 『ワンサイズUP


②普段ハーフサイズを履いている

・足が細身 → 『ワンサイズUP
・足が幅広・甲高 → 『ワンサイズUP

※あくまで個人的な感想となりますのでご参考までに※

リファインドチェルシー サイズ選びの失敗談

私は普段23.5cmか24cmのシューズを履くため、1cm刻みのシューズのサイズ選びはいつも悩みます。

参考までに、私が普段履いているシューズのサイズは以下にまとめました。

✔普段履いているサイズ
23.5cm or 24cm

✔普段履いているメーカー
NewBalance、OnitsukaTiger = 24cm
NIKE、adidas、CONVERSE = 23.5cm

✔ハーフサイズがないシューズ
Teva、BIRKENSTOCK、HUNTER = 24cm

シューズショップで計測してもらった足のサイズ
ジャストサイズ:23.5cm / 推奨サイズ:24cm

足の形・特徴
幅広・甲高

私はHUNTERのオリジナルトールレインブーツはUK5(24cm)を履いていますが、足の長さ・幅ともに問題なく履けています。

リファインドチェルシーは『ワンサイズUP』を勧めているショップや購入レビューが多かったので、UK6(25cm)とUK5(24cm)で迷いましたが、今まで履いたことのない25cmは大きすぎると思い、オリジナルトールレインブーツと同じUK5(24cm)に決めました。

実際に届いたUK5(24cm)は履き口が狭く、足首の辺りでつっかえてしまい履くのに一苦労。
履いてみると足の長さはちょうどよかったのですが足幅は窮屈で痛く感じました。

更に、一度足を入れたら自力で脱ぐことができない…!
私は履いたブーツが脱げなくなり、夫に引っ張ってもらってやっと脱ぐことができました。笑

結局、ショップに連絡してワンサイズ上のUK6(25cm)に交換してもらいましたが、ワンサイズUPのUK6が正解でした。

UK6にしたら窮屈だった足幅・足の長さに余裕ができ、着脱も一人で簡単にできました。

リファインドチェルシーは全体的にスリムな作り(特に履き口が狭い)なので、普段履くシューズが標準サイズ・ハーフサイズ問わず、ワンサイズUPをお勧めします

\PR/ HUNTER リファインドチェルシーをチェック/

リファインドチェルシー 購入レビュー

防水性に優れたHUNTER リファインドチェルシーは、雨の日はもちろん晴れの日も履きたくなるシンプルでスタイリッシュなデザインです。

質感はマットな仕上がりで、優れた保護性のため加硫加工かりゅうかこうされた天然ラバーで作られています。

加硫加工かりゅうかこうとは、ゴムの弾性を発揮させるために行う工程のこと。

着脱に便利なプルタブが付いています。

足の形に合わせて収縮するサイドゴアの内側は、ゴアからの浸水を防ぐために履いたときにピッタリ閉じる仕様になっています。

取り外し可能なインソールは立体的な作りでフィット感も抜群。

ソールには「HUNTER]のロゴと、歩いたときにチラッと見える赤いカンパニーマーク。

ヒールの内側には[MADE IN CHINA]の刻印があります。

凸凹のソールはグリップ力の高いアウトソールで、雨の日も滑りにくく安心。

程よい安定感のあるヒールの高さは3cm。
バックには主張の強すぎない同色の[HUNTER]ブランドロゴがさり気なくおしゃれ。

ロゴが新しくなり、シューズと同じ色調に変更になっています。

ショップによっては商品の移行に伴い、赤白のいオリジナルロゴと新しい色調のロゴが混在しているケースがあります。※新旧ロゴの選択はできないとしているショップがほとんどです

私が実際に購入したショップへ問い合わせたところ、2019年頃からロゴ変更があり、現在は赤白の旧ロゴはほとんど残っていないそうです。
ショップごとに旧ロゴの在庫が混在しているケースもありますので、ご参考までに。

\PR/ HUNTER リファインドチェルシーをチェック/

さいごに

すべてのハンターチェルシーブーツは、肌をゴムとの接触から保護するために靴下と一緒に着用することを推奨しています。

リファインドチェルシーは靴下を履くことが前提のシューズで、全体的にスリムな作りのうえ、履き口が狭いです。

自身の失敗経験からも、普段履くシューズが標準サイズ・ハーフサイズ問わず、サイズ選びに迷ったらワンサイズUPをお勧めします。

“レインブーツ” と聞くとファッションに取り入れにくい印象ですが、HUNTER リファインドチェルシーはどんなファッションにも合うシンプルでスタイリッシュなデザインのラバーブーツです。

おしゃれなレインブーツをお探しの方はHUNTER リファインドチェルシーも是非チェックしてみてくださいね♪

\PR/ HUNTER リファインドチェルシーをチェック/

コメント

タイトルとURLをコピーしました