KEENサイドゴアブーツ『ELENA CHELSEA』のサイズ選び

ファッション

私が買ってよかったシューズランキングTOP5に入る『KEEN / ELENA CHELSEA(キーン / エレナチェルシー)』

スタイリッシュなチェルシーブーツデザインに、KEENならではの機能をプラスした軽量スニーカーブーツはKEEN定番人気のアイテムです。

出典元:https://www.keenfootwear.com/ja-jp/

『ELENA CHELSEA』は公式ショップをはじめ、多数のセレクトショップでも取り扱いがあるアイテムなのですが、悩ましいのが ”サイズ選び” ではないでしょうか?

今回は『ELENA CHELSEA』と『ELENA CHELSEA WP』の違い、KEENスタッフさんに聞いたELENA CHELSEAのサイズ選びのポイントをご紹介していきます。

ELENA CHELSEA『WP(ウォータープルーフ)』との違い

スタイリッシュなチェルシーブーツデザインに、KEENならではの機能をブレンドした軽量でクッション性に優れた『ELENA CHELSEA』はKEENのベストセラーアイテム。

そんな『ELENA CHELSEA』にKEEN独自の防水透湿素材《KEEN.DRY》を搭載したアップグレードバージョンが『ELENA CHELSEA WP(WaterProof)』です。

『ELENA CHELSEA WP』はサイドに【KEEN.DRY WATERPROOF】のタグが付いているのが特徴。

非防水の靴は雨などで水が染みこんでくる可能性がありますが、WPは靴の内側に防水シートが貼ってあるため多少の雨や雪でも浸み込んでくることはありません。

その他、『ELENA CHELSEA』と『ELENA CHELSEA WP』の大きな違いは防水仕様があるかないかの違いだけなんだそうです。

KEEN 『ELENA CHELSEA』サイズ選びのポイント

『ELENA CHELSEA』と『ELENA CHELSEA WP』ではサイズ感が若干異なります。

実際にKEENスタッフさんに『KEEN ELENA CHELSEA』のサイズ選びのポイントを教えていただきました。

<ELENA CHELSEA>
・普段履いているスニーカーサイズの0.5~1㎝UP
・幅広・甲高の場合は更に0.5㎝UP



<ELENA CHELSEA WP>
・普段履いているスニーカーサイズのジャストサイズ
・幅広・甲高の場合は0.5㎝UP

『ELENA CHELSEA WP』は『ELENA CHELSEA』より大きめの作りとなるため、ELENA CHELSEAと同じサイズ感を希望する場合は “小さめ”を選んだほうがいいそうです。

ちなみに『ELENA CHELSEA』シリーズはウィメンズアイテムとして販売されていますが、サイズ展開は22.5cm~28cmと、男性でも履けるサイズが充実しています。

\PR <KEEN>のシューズをチェック/

サイズに悩んだら『0.5cmUP』がおすすめ

私が普段履いているスニーカーサイズは23.5cmですが、足の形は幅広・甲高。

私は『ELENA CHELSEA WP』を購入したため、KEENスタッフさんのおすすめサイズを参考にしたうえで普段履いているスニーカーサイズの0.5cmUPで〈24cm〉を購入しました。

実際に手元に届いた商品のサイズ感は指先にやや余裕があり、ちょうどいいサイズ感。

0.5cm下のサイズでも履けたと思いますが、23.5cmでは着脱が大変で厚手の靴下を履いたら足周りもきつかったと思うので0.5cmUPで購入して正解でした。

超軽量なのに劣化しにくい

見た目からは想像できないかもしれませんが、KEEN ELENA CHELSEA WPは両足揃えても800g以下の驚くほど軽量なブーツなんです。

KEENならではの機能をブレンドしたスニーカーブーツ ELENA CHELSEA WP は、片足約366g

※公式サイトに掲載のある重量は366g。24cmの重さを測ったところ片足347.1gでした。

足裏の形状に合わせて立体成型された、加重に対しても潰れにくいLUFTCELL PU(ポリウレタン)フットベッド。

靴を脱いだ時にチラッと見えるインソールのデザインもおしゃれですよね。

アウトソールは踏み跡を残さず、耐摩耗性とグリップ性に優れたノンマーキング仕様。

靴裏には<KEEN>の黄色いロゴ。
歩いたときにチラッと見えるロゴもおしゃれですよね。

超軽量で劣化しにくく、クッション性に優れた圧縮成型EVAミッドソールが歩行時の衝撃を緩和します。

かかとにはさり気なく『KEEN』のロゴ。

アッパーにはシリコン液を浸透させた特殊加工の防水プレミアムレザーが採用されています。

環境認証団体LWGが認定した地球に優しくしなやかなレザーアッパーは、天然素材による防臭効果もあります。

※革製品のためシワやキズも革本来の特徴、風合いとして1点ずつ異なります。

ELENA CHELSEAはサイドゴアでイージーオン/イージーオフが可能なスリップオンデザイン。

脱ぎ履きを容易にする伸縮性のゴアが採用されています。

おすすめは『WP(ウォータープルーフ)』

『ELENA CHELSEA』と『ELENA CHELSEA WP』どちらにしようか悩んだら『WP(WaterProof)』がおすすめ

首都圏や雪などの心配がない地域なら『ELENA CHELSEA』でも問題なく日常使いが可能ですが、雪が降る地域や雨の日も履きたい!という方は断然『ELENA CHELSEA WP』をおすすめします。

消雪パイプでぐちゃぐちゃになった道路でも、雨の日でも、雪の日でも天候を選ばずに履けるのは防水仕様ならではの特権。

KEENが独自に開発した靴専用の防水透湿素材 ≪KEEN.DRY≫ は、完全防水でありながら高い透湿性を持たせ、耐久性にも優れています。

『ELENA CHELSEA』は13,200円(税込)に対して『ELENA CHELSEA WP』は15,400円(税込)。

防水仕様は2,200円高くなりますが、その価値は十分にあります。

\PR <KEEN>ELENA CHELSEA をチェック/

『ELENA CHELSEA』は機能的で履きやすい

軽量ボディ×クッション性に優れたソールで、履き心地抜群に仕上げたブーツ『ELENA CHELSEA』。

シンプルですっきりとしたルックスは、カジュアルなパンツスタイルからフェミニンなコーディネートまで幅広いスタイルに合わせやすいのも魅力。

幅広いサイズ展開で、夫婦、カップルでリンクコーデも楽しめます。

ブーツなのにまるでスニーカーを履いているかのような軽い履き心地はKEENならでは。
アウトドアはもちろん、タウンユースにもおすすめの一足です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました