子どもの肺炎|始まりは風邪。肺炎で入院した記録③

育児・お出かけ

初めて発熱してからもう10日。

この10日の間に3回病院へ行きましたが、一向に軽快しませんでした。

4回目の受診にして大きな病院に紹介され、検査の結果「肺炎」の診断を受け、そのまま緊急入院を余儀なくされた3歳の息子。

「肺炎」と診断されるまでの症状や入院期間、初期症状~入院中の生活~退院までのリアルを日を追って記録していきます。

4月30日 幼稚園お休み

幼稚園へ行きたいといっていた息子ですが、この日は朝から37.5度の発熱がありお休み。

少し熱があるものの、外でシャボン玉をしたりお絵描きをしたりして遊んで過ごしていました。

熱が上がったのはまたしてもお昼過ぎ。

14時台には38.3度まで熱が上がっていました。

<MEMO>
6:30 37.5度
14:20 38.3度
19:20 37.8度
23:00 39.0度

<症状>
・昼過ぎから熱が上がる
・咳がでる
・トイレに行く回数が少ない
・食欲がない

5月1日 幼稚園お休み

この日は咳が強くではじめていたため幼稚園をお休み。

お昼過ぎまでは37度台で元気に過ごしていたため、「明日には熱が下がるといいね!」なんて会話をしていたのですが、夕方にかけてジワジワと熱が上がり、夜には39度まで上がりました。

そしてここ1週間くらい食欲がなく、この日息子が口にしたのはおにぎりを一口食べただけでした。

<MEMO>
6:10 36.9度
11:00 36.5度
18:20 38.6度
22:00 39.0度

<症状>
・夕方から熱が上がる
・咳が強くでる
・トイレに行く回数が少ない
・食欲がない

5月2日 小児科を受診

発熱してから1週間が経過しましたが、解熱剤を使っても熱は下がらず、相変わらずの状況。

本人は元気だったものの、連休に入る前に小児科を受診しました。

これで熱を出してから三度目の病院受診になります。

<処方された薬>
・ツロブテロールテープ
・ワイドシリン
・ミヤBM

この日に始めて血液検査を受けることに。

結果は「炎症反応が7.7」と数値が高く、「中耳炎」「気管支炎」になっていることが分かりました。

原因がわかってよかった。こんな風にやっと安心できたのはこの日でした。

<MEMO>
6:00 38.4度
8:00 37.2度
10:00 37.5度(小児科を受診)

<症状>
・血液検査を受ける
・中耳炎・気管支炎が判明
・咳が強くでる
・食欲がない

ここまでのまとめ

  • 発熱をしてから8日目(三度目の受診)でようやく原因が特定できる
  • 炎症反応は7.7と高め(炎症反応は10で入院レベル)

医療機関三度目の受診にしてようやく原因が特定できました。

「薬を飲んで2日ほどすれば熱も下がってくる」医師からこんなふうにいわれたため、「もう大丈夫。」とここで安心しきっていました。

しかし、今振り返れば炎症反応がかなり高めだったこの日に、クリニックではなく、しっかり検査をしてもらえる医療機関を受診していっていれば…。こんな後悔もあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました